PASONA(パソナ)の法則


PASONA(パソナ)の法則とは

PASONA(パソナ)の法則の解説


 PASONA(パソナ)の法則を知っていますか?PASONAの法則とは文を
使ってモノやサービスを売る際において、非常に効果的な文章の書き方の
法則です。インターネットにおいても文章はまだまだ沢山使われていますから、
この法則は依然効果的です。


 モノやサービスが溢れている現代において、売るという行為はより難しくなって
います。そこでこの法則を使って、お客さんに自社の商品やサービスを上手に
アピールして買ってもらうというわけです。


 この法則には5つの要素があり、その頭文字をとってPASONAと名づけられて
います。このコンセプトは基本的に以前からあるものですが、これをより効果的で
わかりやすいPASONAという形に進化させたのが著名な経営コンサルタントの
神田昌典氏です。


 神田氏の著書はビジネスで使える良書ばかりですので、参考にしてみてください。
ではその内容を説明していきましょう。


P : Problem (問題を提起する)

「△△でお困りではございませんか?」、「××で苦労されていませんか?」、
「□□は不便だと思いませんか?」などとお客さんが潜在的に困っていることや、
苦労していること、不便に感じていることなどを明確にして問題を気づかせます。


A : Agitation (問題をあぶりだし、あおりたてる)

「△△で嫌になってしまいますよね」、「××な時は頭に来ちゃいますよね」など
問題を視覚的にイメージできるように描写し、煽り立てます。


SO : Solution (解決策の提示と証拠)

「そんな悩みも○○なら簡単に解決できます。その証拠に○○は□□で〜」と
自社が売っているモノやサービスが問題解決に役立つことを明記し、その証拠を
示します。


N : Narrow down (限定、救急、絞込み)

「しかし、この商品は○○の事情で、数に限りがあります」と絞込みをかけます。
いつでも購入できるものではない限定感をアピールし、緊急性を演出します。


A : Action (行動)

「今すぐ○○までご注文ください!」と次の行動を呼びかけ、電話をかけて
もらったり、ウェブサイトならお申込、お問合せ、注文などの行動を促します。


 この一連の流れが心理的に効果的に構成されており、思わず買ってしまう
心理を呼び起こすのです。


 このように書くと何か催眠術的にお客さんの心を操作するようなイメージを
持つかもしれませんが、そうではないのです。もちろんウソを書くのはいけません。


 しかし、自社商品の良さをお客さんに理解してもらうことは大切です。巷に
溢れている商品やサービスの多くがアピール不足により「これ、誰が使うの?」、
「これ何に使うの?」といった状況になってしまいます。


 この法則はそれを解決し、多くの人に自社の商品やサービスの内容を深く
知ってもらい、そして購入してもらうためのより良いツールなのです。


 お試しください。