• バックナンバー
携帯電話が1億台
決断しないのが一番悪い
ニュースレターは
 セールスマン

ハインリッヒの法則
客には3つの階層がある
officeのサイトは使える
お客は全て知っている
4つのパーソナリティが
 必要

キーワードツールは優れ
 たマーケッター

AIDAの法則
通販生活は参考書
(番外)運を味方につける
DMで大切な3つのこと
個人に必要な4つの力
組織に必要な3つの力



 


 「ひらめきを文字にする」

 皆さんは仕事についてのアイデアはどこでひらめきますか?
そもそもひらめかないって思っていませんか?実は結構ひらめいて
いるかも知れません。ただ覚えていないだけかもしれません。

 私もいろいろな場で仕事に活かせるアイデアをひらめいたりしますが、
少し時間が経つと、どんなアイデアだったか思い出せないことが多々
あります。

 ひらめきを大切にしようと思わなかった頃はもっとひどく、
自分をひらめきの悪い人間だと思っていました。これはただ単に
ひらめいてもすぐ忘れてしまって、それでひらめきの悪い人間だと
思っていたからだと思います。

 そもそもひらめきというのは右脳が深く関わっていて、言語で
ひらめくというより、映像やイメージでひらめくという感じです。

 またアイデアというのは既存の事実の新しい組み合わせである
ことが多く、その存在はひじょうに淡く、すぐに消えてしまいます。

 そこで大切なのが、「書き留める」という行為です。

 ひらめきはいつどこで出てくるかわかりません。私は、机の上、
ベットサイドにメモ帳を置き、ひらめいたらすぐに書き留めるように
しています。

 またなぜかお風呂の中でひらめくことが多く、脱衣場に防水加工の
メモ帳と油性ペンを常備しています。

 外出時では、名刺入れの中に名刺サイズの無地のカードが入っており、
キーホルダーに小さなペンを1つ付けて、これで書き留めています。

 また両手が使えない状況では、携帯電話を使います。簡単なものは
携帯電話のメモ帳に記入し、長いものは自宅のPC宛にメールを打ったり
しています。

 この携帯電話は優れものです。写真も取れるし、それをメールする
こともできる。スーパーツールです。ぜひご活用ください。

 このようにすることで、ひらめいたものをだいぶすくい取れるように
なります。そうすると、実は自分って結構ひらめいたりする人なのだと
気づくかもしれません。

 しかし、ひらめいたものの内容を欲張ってはいけません。書き留めた
ものの10個中8個はだいたいショボイものだったりします(笑)・・・
でも1〜2個は良いものなのです。

(これは野球の打率みたいなものです。良いアイデアを出す人は
 この確立が10個中3個ぐらいで、普通の人が10個中1〜2個で
 あるだけの違いです。普通の人は数で勝負です。)

 この1〜2個をすくい上げることが大切なのです。これにちょっと
改良を加えれば、優れたアイデアになります。これが重要です。

 まずは「ひらめきを文字に残すこと」。これを実践してみましょう!

 これを続けていけばあなたもきっと優れたアイデアマンになれます。

※ちなみに多くのひらめきを作り出すには、いろいろなことを見聞きする
 ということが必要です。お忘れなく・・・


発行日 不定期
発行者 ステージアップコンサルティングサービス
代 表 田中 忠



 メルマガ登録はトップページの登録欄にメールアドレスをご記入して送信ボタン
をクリックしてください。

 メルマガ解除は同じく、解除欄にメールアドレスを記入して送信ボタンをクリック
してください。