• バックナンバー
ハインリッヒの法則
客には3つの階層がある
officeのサイトは使える
お客は全て知っている
4つのパーソナリティが
 必要

キーワードツールは優れ
 たマーケッター

AIDAの法則
通販生活は参考書
(番外)運を味方につける
DMで大切な3つのこと
個人に必要な4つの力
組織に必要な3つの力


 


今日のテーマはニュースレターです。多くの経営者の方にとっては
聞いたことのある話かもしれませんが、ニュースレターは侮れない力
を持っています。


 ところであなたは月に1回くらいお得意様や既存客または見込み客
にお会いに行っていますか?あなたでなくても営業担当者は会いに行って
いますか?

 答えがNOの方、やばいです。人間というものは自分にのみ興味を持って
いるものです。1ヶ月もすれば、よほど重要なことでない限り忘れます。

 ということは、月に1回くらいお客さんと何らかの形で接触をしないと
あなたの会社のことなど、お客さんは必ず忘れます。

 忘れてもらっては、そのお客さんがあなたの会社の商品・サービスを
購入しようとする機会が発生したときに、あなたの会社を選んでもらえる
可能性は極端に低くなりますね。

 それは絶対避けなければならないことです。

 そうはいっても、マンパワーに余裕の無い中小企業には余っている
営業担当者などいるはずがありません。

 そこでその代わりをしてくれるのがニュースレターです。


 月に1回程度、作って郵送するだけです。自社で作ればそのコストは
非常に安くできます。ワープロで作成して、プリントアウトして、封書
にして出すだけです。製作して郵送するコストは1通100円くらいです。

 営業担当者がお客様を1件訪問するのに100円のコストで済むで
しょうか。交通費も100円では無理でしょう。

 もちろん、営業担当者が訪問すれば、お客様から情報を聞き出すことが
できたりするので、ニュースレターにそこまでの力はありません。

 しかし、お客さんに自社を忘れずにいてもらうには十分です。


 ニュースレターに書く内容は、自社の社員の紹介やお客様に役立つ
情報を載せます。こうすることで、お客様に自社の社員を身近に感じて
もらえることと、役立つ情報が入手できることからお客様からの評価が
上がります。

 ニュースレターを続けていった場合、お客様に役立つ情報もある程度
の量になります。そうしたらそれをまとめてレポートや小冊子にして
お客様に配ることもできます。


 そうすればあなたの会社はただ商品やサービスを売る会社ではなく、
有益な情報も一緒に提供してくれる大事な会社になるのです。


 ニュースレターを発行したことが無い人にとって、いざ作るとなると、
ずいぶん大変な気がするかもしれません。まずは簡単に社員の紹介や
ワンポイント情報などからはじめてみたらいかがでしょうか?

 枚数も気負わずに1〜2枚からはじめてみてはどうでしょう。
まずは作ってしまうことです。はじめれば意外とすんなりできてしまいます。

 なぜなら、商品やサービスに関することは誰よりもそれを扱っている
あなたの会社が一番情報を持っているはずですから。その中でお客さんに
役立ちそうなことをニュースレターに載せるのです。


 また情報というのは発信すると、なぜか不思議に入ってきます。
出すと入ってくるのです。逆に、出さないと入って来ない・・・

 良い情報を入手するためにも、情報はドンドン出していきましょう。


発行日 不定期
発行者 ステージアップコンサルティングサービス
代 表 田中 忠



 メルマガ登録はトップページの登録欄にメールアドレスをご記入して送信ボタン
をクリックしてください。