• バックナンバー


通販生活は参考書
(番外)運を味方につける
DMで大切な3つのこと
個人に必要な4つの力
組織に必要な3つの力


 

AIDAの法則とは

 さて、今回の内容はセールスレターの書き方です。
AIDAの法則はその書き方の基本構造の1つです。

 他のセールスレターの書き方としてPASONAの法則
があります。そちらも参考にしていただければと思います。


 AIDAの法則は次の要素の頭文字をとったものです。

Attention 注意
 まず、セールスレターの頭に注意を引く言葉を
 もってきます。これがいわゆるキャッチコピー
 (ヘッドコピー)にあたります。
 
Interest 興味
 次に興味をそそるような内容を本文(ボディコピー)
 として書いていきます。

Desire 欲求
 さらに、読み手にとって利益となったり、得になったり
 問題の解決・不便の解消となる、理由を書いていきます。

Action 行動
 最後に、今すぐお申し込みをと行動を促します。

 この順序に従って、文を書いていくことによって、
効果的なセールスレターが書けるという手法です。

 ただ漫然と商品やサービスの内容を紹介するより
ずっと、読み手の興味をそそり、購買や契約につながる
内容になります。

 AIDAの法則はこのように効果的なセールスレターの
書き方の代表例です。


 AIDAの法則のバリエーションとしてAIDMA(Memory:商品・
サービスを記憶してもらう)、AIDAS(Satisfaction:購入後
の満足)などの法則もあります。

Attention:注意   Attention   :注意
Interest :興味   Interest   :興味
Desire  :欲求   Desire    :欲求
Memory :記憶   Action    :行動
Action  :行動   Satisfaction:満足


 またネット特有としてAISAS(Search:検索する、Share:
共有する)などもあります。

Attention :注意
Interest  :興味
Search  :検索
Action   :行動
Share    :共有


 いずれも基本はAIDAです。効果的な法則なので
覚えておきましょう。


発行日 不定期
発行者 ステージアップコンサルティングサービス
代 表 田中 忠



 メルマガ登録はトップページの登録欄にメールアドレスをご記入して送信ボタン

をクリックしてください。